Home>シミに効く化粧品|口コミで人気の美白化粧品でシミ消し

シミの出来やすい部分をチェック

浸透

紫外線

シミは顔や手の甲、体と様々な部位に表れますが、どの部分がシミの出来やすい部分でしょうか?

紫外線はシミの大敵ですので、紫外線の影響を受けやすい部位がシミが出来やすい部分です。

胸やお腹など隠れている部位ではほとんど見られませんが、直接日の光を受ける、顔、手の甲、腕などは、シミが出来やすい場所となります。

顔のシミ出来やすい部分をチェック

シミの出来やすい場所1:口周り

鼻下、口周り は特に敏感なところ女性の場合ニキビもできやすく、口角の下、上唇などシミが出来てしまいます。口のキワにはできません。


シミの出来やすい場所2:目の周り

髪の生え際や目尻の周辺、目頭と鼻の間の凹んでいる部分にできやすく、気がつきにくい場所です。


シミの出来やすい場所3:頬

太陽の光があたりやすく、頬骨の高い部分にできることが多いです。化粧かぶれなどの色素沈着も起こります。

化粧かぶれなどの色素沈着が起こるパターンもあります。 比較的発見しやすい場所でもあり、また目立つ場所でもありますので、やはり早めに対処しましょう!

シミの出来やすい場所4:額

日焼けの蓄積でシミが出来やすく、額全体にできると、ただの日焼けと勘違いして、シミという事がが分かりづらくシミ対策が遅れやすいです。髪の生え際や眉の上など部分的にできることもあります。


昨日までは無かったシミ、気がつくといつの間にか出来てしまっています。

発生しやすい場所を把握して、早期発見、早期対策を!

シミができる最大の原因は、紫外線ですが、この紫外線、夏の最も暑い時期より、初夏の5月から7月が最も降り注いでいます。この時期、梅雨となる地域が多いですので、晴れている日自体が少ないから紫外線対策をそれほど気にしないかもしれません。しかし、晴れている時は、もちろんですし、曇りの日でも、紫外線の80%以上がお肌に降り注いでいますのでUVケアは大切です。また、ガラス越しでも紫外線は通過しますので、ほとんど室内でいるのにシミが出来やすいという方もいるかもしれません。