Home>シミに効く化粧品|口コミで人気の美白化粧品でシミ消し

厚生労働省認可の美白成分

医薬部外品

シミに効くといわれる化粧品の美白成分にはどんなものがあるのでしょうか?

シミに有効な美白化粧品には「医薬部外品」という表示がされているものが多いです。

医薬部外品の化粧品とは
厚生労働省の認定を受けた効果・効能が認められた成分(有効成分)が配合してあり、医薬品と化粧品の中間に位置するものなのです。

厚生労働省認可の美白成分一覧

アルブチン・・・コケモモ、西洋ナシから抽出された成分。シミ・ソバカス・日焼けの原因となるメラニンを生成するチロシナーゼにという酵素の働きを抑制し、メラニンの生成を強力に抑制する効果があります。


エラグ酸・・・イチゴやラズベリーなどの果実や木の実および緑茶などから抽出された成分。メラニン色素の生成に関わる、チロシナーに作用してメラニンの生成を抑えます。


カモミラET・・・ET カミツレの花から抽出される成分。メラノサイトの活性化を抑制、増殖を抑える働きがあります。また表皮細胞からメラノサイトにシミを作るように指令を出すエンドセリンという情報伝達物質を抑制する効果もあるとされています。


t−AMCHA・・・卵黄、大豆から抽出される成分。強い紫外線を浴びると、肌ではメラニン色素の合成を誘導する因子のプロスタグランジンが生成されますが、この発生を抑制します。


トラネキサム酸・・・人工合成されたアミノ酸。抗出血作用があり、美容外科、美容皮膚科では、よく止血剤として処方される薬ですが、美白作用もあり、シミの治療、特に肝班に有効といわれています。


ビタミンC誘導体・・レモンやオレンジなどの果実、野菜などにも多く含まれるビタミンCですが、大変壊れやすく、浸透力の弱い成分の為、加工してビタミンCを吸収しやすくしたもの。ニキビや吹き出物の予防、抗酸化作用(老化防止)、美白作用、チロシナーゼ抑制作用、コラーゲン増加作用があり、実にさまざまな有効な作用があります。


プラセンタエキス・・動物の胎盤から無菌的に抽出されたエキス。皮膚の血行を促進し、新陳代謝を活発にすることで、日焼けによるシミ、そばかすを改善し、メラニン色素が肌に沈着するのを防ぎます。他にも、皮膚の柔軟化作用、保湿作用、小ジワの改善作用などあるとされています。


リノール酸・・サフラワー油、大豆油などの植物油から抽出される。酵素チロシナーゼの量そのものを 減少させる効果があると共に、できてしまったメラニンをも肌の外に排出する効果もあるとされています。


ルシノール・・モミの木に含まれる物質に構造的に類似した成分。メラニンの生成に関与する酵素チロシナーゼと結びついて、チロシナーゼの働きをストップさせ、メラニンが生成できないようにします。アルブチンやコウジ酸に比べ、肌への浸透性が高いので、少ない量で美白効果を発揮すると言われ、シミの治療に使われる「ハイドロキノン」によく似た物質です。


エナジーシグナルAMP・・成分名はアデノシン一リン酸二ナトリウム OT。美白化粧品は、メラニン色素の生成を抑制する働きをするものが多いですが、このエナジーシグナルは、できてしまったメラニン色素の貯蔵を抑える事でシミやそばかすを防ぎます。


マグノリグナン・・モクレン科のホオノキなどに含まれるポリフェノールに似た化合物を合わせて開発した成分。チロシナーゼ酵素の働きを阻害し、メラニンの生成力を失わせる働きを持っています。シミの濃さ、大きさ、肌全体の明るさにおいて、それぞれ改善する効果があり、肝斑にも効果が高いです。


コウジ酸・・・味噌やしょう油を製造するときに使われる麹菌を培養して作られる美白成分。チロシナーゼの活性を抑えメラニンの生成を抑制する効果があります。2003年、発がん性の疑いがあるとされ、製造・輸入が一時禁止になりました。しかし、2005年安全性に特段の懸念はないものと認められコウジ酸配合化粧品(医薬部外品)の製造販売が再開されました。

その他の美白成分

植物エキス

ハイドロキノン・・・2001年、化粧品規制緩和時に配合が可能になった成分。チロシナーゼ酵素の活性を抑える効果が非常に高い成分でして、一般的な美白成分に比べ、チロシナーゼの活性において約100倍の抑制力があります。さらに、過剰に増加してしまったメラニン色素も還元作用により、薄くする働きがあるので、シミを治療するための薬品として皮膚科をはじめ、美容外科、整形外科でも使われています。 しかし、濃度が高いと若干刺激が出やすく、配合量には注意が必要です。

この他にも、医薬部外品の主成分としての使用は認めてられませんが美白作用のある植物エキスなど、イチョウエキス、エイジツエキス 、オウゴンエキス、キイチゴエキス、キウイエキス、シャクヤクエキス、ソウハクヒ(桑白皮)、チャエキス(緑茶)、ハマメリスエキス(アメリカマンサク)、ボタンエキス(牡丹皮)、 ユキノシタエキス、カッコンエキス、クロレラエキス・渇藻エキス、クララエキス・ユキノシタエキス・ウワウルシエキス・ダイズエキスなどがあります。

シミを無くすには、根気が必要

上記のような成分を含む化粧品をお使いになればシミには有効ですが、シミというものは出来た年月分だけ時間がかかるとも言われていますのでシミを無くすには、根気が必要です。化粧品を使ってもすぐに効果が見られないといって、使用するのを止めるのではなく、しばらく使ってみて様子を見るようにしましょう。

厚生労働省に認可されたシミに有効な美白化粧品には「医薬部外品」という表示がされているものが多いですが、それらの成分どの成分を使えばシミにより効果的なのでしょうか?有名なのはハイドロキノンとトレチノイン(ビタミンA)、アスコビル酸を用いた「トレチノイン治療」やケミカルピーリング、レーザー治療ですが、あなたのシミの度合いによって選択が変わります。多くの方の口コミによれば、美白化粧品だけでもシミが薄くなった、シミが消えた、シミが出来なくなったなど美白化粧品での対策は有効ですので、試してみてください。